メモ

 

メモ

 

「基礎体温が意味するものは?」

そろそろ子供がほしいと思っている方なら、基礎体温という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、この基礎体温というのは何を意味しているのでしょう。

女性は基本的に、生理が来ると基礎体温は下がり、排卵をすると基礎体温が上がるというサイクルを繰り返しています。

 

ですので、基礎体温をしっかり把握することによって、ちゃんと排卵が起こっているかを確認することができます。

生理が来ているからといって、排卵もしているとは限りません。

 

無排卵月経という状態なら、排卵していないにも関わらず、生理はちゃんと来るので、基礎体温をつけていないと気づきにくいです。

また、排卵期になると「そろそろ体温が上がれば排卵期だな」と予想をすることができるので、自分で排卵期をつかむことができ、タイミング法をとることができます。

 

「基礎体温のつけ方」

基礎体温を測る時は、普通の体温計では正確に測ることができません。

ドラッグストアなどに、基礎体温用の体温計が売っていますので、持っていない人は購入しておきましょう。

 

たくさんの種類があり、中には何回分かの記録を体温計に残すことができるものもあります。

基礎体温は毎日測るものなので、何日分かを一気にメモしたいという方や、何度だったか忘れやすいという方にはオススメです。

基礎体温は、毎朝起きたらすぐに測らなければなりません。

そのため、起きた時に手が届くよう、布団の横に体温計を置いておいた方が良いです。

 

遠くにおいていると、その動作によって体温が変わってしまう恐れがあります。

測っている間はじっとしておきます。

できれば毎日同じ時間帯で同じ睡眠時間をとった後が望ましいですが、生活リズムによって難しい人は寝起きにすぐ測るということだけ意識しましょう。

 

「基礎体温を測ったら」

基礎体温の結果は、必ず記録として残しておきます。

アプリで記録しておくのも良いですし、紙媒体でもどちらでも構いません。

ただ、病院によっては紙媒体でないと見てくれないところもあるので注意してください。

 

 

サプリ

 

サプリ

妊活には、様々なハードルがあります。

肉体的な負担が生じる事にはなりますし、お腹の赤ちゃんに対する栄養状況も1つのポイントになるのです。

そのため、妊活ではサプリの摂取が推奨されます。

 

気持ち悪くなってしまうというハードル

例えば妊婦の方々は、気持ち悪くなっている事もあるでしょう。

いわゆる悪阻で苦しんでいる方々も、決して少なくありません。

 

特に今までに妊娠した事が無い方々は、その苦痛がかなり大きいと感じているのです。

何とかしたいとは思うものの、具体的な方法が分からない事もあるでしょう。

 

葉酸を含むサプリで楽になる

ところで悪阻という症状は、栄養分と大きな関連性があります。

そもそもその症状で悩んでいる方々は、しばしば酸っぱい物を望んでいるでしょう。

 

それを摂取すると、幾分か楽になってくるからです。

例えばキウイフルーツの中には、葉酸が比較的多く含まれています。

 

それを摂取すると楽になる訳ですが、毎日フルーツだけを食べるのも大変です。

しかし一部のサプリには、葉酸が比較的多く含有されている訳です。

ですからサプリを摂取すると、妊活も楽になる傾向があります。

 

赤ちゃんに対する栄養分は大切

それと無事に出産できるか否かは、やはり赤ちゃんに対する栄養状況も大きなポイントになるのです。

やはり赤ちゃんが栄養不足になってしまえば、難産になってしまう可能性もあります。

このため、お腹の赤ちゃんに適切な栄養分を補う必要はあるのです。

 

十分な栄養分が含まれる妊活向けのサプリ

それで妊活向けのサプリメントには、お腹の赤ちゃんに対する栄養分も多く含有されている訳です。

上記でも触れた葉酸を含むサプリなども、その1つになります。

 

食品で栄養補給をするよりは、サプリメントの方が効率的に赤ちゃんに栄養分を補える傾向があるのです。

十分な栄養分を補ってあげれば、無事に出産できる確率も高まるでしょう。

ですから妊活を成功させたい時には、やはりサプリの摂取が推奨されます。

 

基礎体温

 

基礎体温

 

【基礎体温計測の仕方について】

私自身、3年前に娘を授かり出産しました。

恥ずかしい話し、妊活をするまでは妊娠するために何が必要か知りませんでした。

 

中でも私が妊活において大切だと感じたものは、基礎体温の計測です。

妊活を始めてからすぐに基礎体温を計測しました。

 

基礎体温は毎日一定時間に起きて欠かさず測る必要があるため、休日などは面倒な時もあります。

また前日に少しでも飲酒をしていると、基礎体温は上昇する傾向にあることも分かりました。

 

本当に基礎体温をしっかり把握したい場合、飲酒はきっぱりやめる必要があると思います。

また他にも夜中に何度かトイレで起きたりすると、基礎体温は下がる傾向もあります。

それくらい基礎体温はデリケートです。

 

【排卵検査薬と基礎体温について】

妊活をしているとよく聞く話として「低温期にがたっと基礎体温が落ちた日が排卵日である」というものがあります。

しかし、それは間違いです。

 

私自身最初はそう思い込んでしまっており、タイミングを外したことが何度かあります。

そんな時に助かるのが、排卵検査薬です。

 

日本製の排卵検査薬や薬剤師の説明がいるほかにも、値段も高いです。

海外の排卵検査薬の場合、何十本も入っていて値段が安いので妊活をする場合は、そちらがおすすめです。

 

排卵日予定の数日前から排卵検査薬で検査し、基礎体温と見比べてみると自分の排卵傾向が次第に分かってきます。

私の場合、低温期でガクッと体温が落ちた日から2日後が排卵日になる傾向にありました。

数か月間このように検査すると、自分の傾向が分かってきますので、妊活する上で役に立つと思います。

 

【妊娠するためには】

基礎体温はだいたい3か月測ってみて、傾向が分かると言われています。

そのため妊娠を希望してから基礎体温を測るのではなく、希望する少し前から測っておくに越したことはないと思います。

妊娠することは本当に奇跡の連続だと思いますので、夫婦で力を合わせて頑張ってもらえたらなと思います。

 

 

コーヒー

 

コーヒー

 

妊活中にコーヒーがいいのか悪いのかという議論はそもそも妊活中にカフェインがいいのか悪いのかという議論にほぼ直結するといえます。

コーヒーはすべてカフェインでできてるわけではありませんが、よくコーヒーの悪いところと言うのはカフェインに集約されていると言っても良いかもしれません。

 

もちろんカフェインは絶対悪ではありませんが妊活中と言うのは体が繊細になっています。

赤ちゃんを守っている母体=赤ちゃんの体に直接影響与えてしまうと言う意味てす。

 

カフェインと言うものは摂取することで神経を興奮させたり覚醒させる作用があります。

それだけでなく体全体を興奮させるので利尿作用、排便作用があります。(過剰摂取の場合なのですが、胎児の場合過剰の基準が大人より低くなります)。

 

カフェインを妊婦が飲むとカフェインが体内に蓄積されます、蓄積されたカフェインは胎児にも蓄積されてしまいます。

胎児はもともとカフェインを蓄積しても排出することがまだまだずかしい未熟な存在です。

 

また胎児から排出したカフェインも結局母体に戻っていくと言う事ですので母体にカフェイン蓄積されやすくなります。

基本胎児は母体の中では常にリラックスさせるのが基本です。

 

胎児を健康に育てるためにクラシックを聞かせるのも胎児にリラックスさせるためです。

総括すると妊活中にカフェインを摂取すると胎児にもカフェインが行き渡る、結果的に少量とはいえカフェインが行き渡ることで繊細な胎児はカフェインの副作用の影響を受けリラックスしなくなる。と言うことであまりカフェインが妊活中には良くないといえます。

 

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は摂取を控えるましょう。

世界保健機構の基準では妊婦はコーヒーを1日3杯までと定められています。

 

また、最近ではカフェインレスのコーヒーが販売されています。

昔はカフェインレスのコーヒーは味が薄くコクもなかったのですが最近は技術の発展に伴ってのコーヒーと同等の味をしているものもあります。

 

値段は普通のコーヒーより少々お高めに設定されていることが多いですが、その分カフェインが排除されてると思えばカフェインレスコーヒーはオススメかといえます。

 

 

 

男女

 

男女

 

「妊活における男性の立場」

妊活をすることになると、どうしても通院をしたり治療をするメインとなるのは女性となってしまいます。

しかし、妊活は夫婦で協力することがとても大切です。

では、パートナーである男性の理解や協力を得るためには、どのようなことをしたら効果的なのかを挙げていきたいと思います。

 

「男性にも妊活のことを知ってもらう」

パートナーの男性は、女性に比べて生理のしくみや妊娠の流れなどを知らない人が多いです。

また、妊活をしたいと女性が言っていると「君に任せるよ」「がんばってね」といった受け身になるパターンもあります。

 

よく分からないけど、女性がしたいと言うなら反対しないよという姿勢だと、妊活を続けていく精神的・体力的負担を女性ばかりが感じてしまうようになります。

それを防ぐにも、まずは男性に妊活について知ってもらうことができます。

 

焦りすぎだろう、いつか自然にできるだろうと考えている人には、年齢によって自然妊娠率が下がることなどを知ってもらいましょう。

夫婦で不妊治療の病院のセミナーに参加するのも効果的です。

 

「男性側に不妊原因がある場合も」

不妊と言えば女性に問題があるのではと考える男性もいますが、そうとは限らないことを頭に入れておきましょう。

 

精子に異常があったり、そもそも無精子の場合は検査をしてみなければ分かりません。

精液検査を受ける必要があるのですが、これに難色を示す男性が多いです。

 

プライドが傷ついてしまったり、何となく恥ずかしい気がしたりと、検査自体を引き受けてくれない場合もあります。

どうしても受けてくれない場合は、女性のみで行なえるフーナーテストというものをすることができます。

 

性行為をしたあと、体内に精子があるかどうかを調べる検査なので、無精子かどうかはここで判断することができます。

ただ、やはり正確に精子の状態を知るには、男性に精液検査を受けてもらうことが一番です。

育児だけでなく、妊活も男性の協力が必要ということを、パートナーの方にも理解してもらいましょう。

 

体調について考える

 

体調について考える

 

妊活をする前に自分の体調を整えることは必須です。

よく妊活のブログに「今日だけお酒」とか仕事が忙しく残業続きで妊活はもう少し後でとか見かけますが、本当に母親になる準備をしているのか疑問です。

 

妊活って何をすればいいの?って質問がよくありますが、まずは自分の体調を整える。

これって簡単で難しいと思います。

 

たとえば生理はちゃんと周期通りきているか。

生理不順は妊娠しにくいと以前通っていた産婦人科の先生が言っていました。

 

私の妊活期間は半年でした。結婚した年齢がアラフォーと呼ばれる時期だったので計画をたてて妊娠を目指していました。

仕事は辞めていたので、食事は手作りでなるべく外食はしませんでした。(気分転換に週末に行く)

そして家に閉じこもらず、身体を動かすこと。

 

もともと片頭痛持ちだった私は鍼灸院へ通っていましたが、身体を内側から温めるには筋肉を動かす、筋肉をつける、ヨガは一時的に温まるだけで部屋から出たら身体を冷やすのであまり効果はないと言われ、スポーツジムへ通いました。

 

ランニングをしてから、筋力トレーニングを無理のない程度で行います。

汗をかいたらシャワーで済ませるのではなく、お風呂でじっくり温まる。

 

湯船につかるのは大事なことだそうです。

これを繰り返していたら、2ヶ月後妊娠しました。

 

どれが効果があったのかはわかりませんが、言えることは自分の体調をしっかり整えることだと思います。

あと、自分で妊活するのも大事だと思いますが妊活が長期にならないようにするには産婦人科へ行ってみるのも妊娠への近道だと思います。

 

私はスポーツジムへいくことと、それに合わせて産婦人科で自分は妊娠できるのか不安だったので調べてもらいました。

その時に排卵時期もわかるのでこの日を試してくださいと言われたので、言われた通りすると妊娠しました。

 

これにはびっくりしました。アプリで妊娠の可能性が高い時期とずれていたので、病院へ行ったほうが正確なんだなと実感しました。

 

運動

 

運動

 

妊活が順調に進むか否かは、様々な要素に左右される傾向があります。

ホルモンなどは、間違いなくそれに大きく関わってくるのです。

このため妊活を成功させる為には、時には運動を行う事も大切です。

 

出産に関わる器官と血行

そもそも妊活が順調になるか否かは、器官の状態に左右されます。

子宮や卵巣などは、間違いなく妊活との密接な関連性がある器官なのです。

 

ところでそれらが正常に活動をしてくれるか否かは、血行と大きな関連性があります。

とかく血行は体調全般に関わりますが、あまりその状態が良くないと、体調不良になる確率も高まる傾向があるのです。

 

血行を促進させる為に運動する

それで運動は、血行とは大きな関連性があるのです。

そもそも体を動かしますと、自然と体温が高まってくるでしょう。

 

体温が高まるのは、やはり体の血液循環が促進されているからです。

そして血行が良好になれば、上記でも触れた卵巣などの器官の働きも良くなる傾向があります。

ですから、妊活中の運動はおすすめなのです。

 

ホルモンバランスを調整する為に運動をする

それと妊活が正常に進むか否かは、ホルモンにも大きく左右される傾向があります。

そもそも女性のホルモンバランスが崩れてしまいますと、どうしても出産は難航してしまう傾向があります。

 

ところでホルモンバランスは、筋肉との密接な関連性があるのです。

基本的に筋肉が鍛えられますと、代謝も促進される傾向があります。

 

そして代謝が良くなると、ホルモンのバランスも整えられる傾向があるのです。

最終的には妊活が成功しやすくなりますから、ホルモンの調整をするという目的で運動をするのも有効なのです。

 

過度な負担は禁物

だからといって、むやみに身体に負担をかけてしまうのも良くありません。

そもそも出産が確定した時には、重量物を持ち上げてはいけないと、産婦人科の医師から伝えられるでしょう。

 

もちろん妊活時も、むやみに大きな負担が生じるのは良くないのです。

運動をするにしても、オーバーワークにならないよう注意を要します。