妊活中にコーヒー良い?悪い?考察してみた!

コーヒー

 

コーヒー

 

妊活中にコーヒーがいいのか悪いのかという議論はそもそも妊活中にカフェインがいいのか悪いのかという議論にほぼ直結するといえます。

コーヒーはすべてカフェインでできてるわけではありませんが、よくコーヒーの悪いところと言うのはカフェインに集約されていると言っても良いかもしれません。

 

もちろんカフェインは絶対悪ではありませんが妊活中と言うのは体が繊細になっています。

赤ちゃんを守っている母体=赤ちゃんの体に直接影響与えてしまうと言う意味てす。

 

カフェインと言うものは摂取することで神経を興奮させたり覚醒させる作用があります。

それだけでなく体全体を興奮させるので利尿作用、排便作用があります。(過剰摂取の場合なのですが、胎児の場合過剰の基準が大人より低くなります)。

 

カフェインを妊婦が飲むとカフェインが体内に蓄積されます、蓄積されたカフェインは胎児にも蓄積されてしまいます。

胎児はもともとカフェインを蓄積しても排出することがまだまだずかしい未熟な存在です。

 

また胎児から排出したカフェインも結局母体に戻っていくと言う事ですので母体にカフェイン蓄積されやすくなります。

基本胎児は母体の中では常にリラックスさせるのが基本です。

 

胎児を健康に育てるためにクラシックを聞かせるのも胎児にリラックスさせるためです。

総括すると妊活中にカフェインを摂取すると胎児にもカフェインが行き渡る、結果的に少量とはいえカフェインが行き渡ることで繊細な胎児はカフェインの副作用の影響を受けリラックスしなくなる。と言うことであまりカフェインが妊活中には良くないといえます。

 

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は摂取を控えるましょう。

世界保健機構の基準では妊婦はコーヒーを1日3杯までと定められています。

 

また、最近ではカフェインレスのコーヒーが販売されています。

昔はカフェインレスのコーヒーは味が薄くコクもなかったのですが最近は技術の発展に伴ってのコーヒーと同等の味をしているものもあります。

 

値段は普通のコーヒーより少々お高めに設定されていることが多いですが、その分カフェインが排除されてると思えばカフェインレスコーヒーはオススメかといえます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です