基礎体温をつける意味や方法

メモ

 

メモ

 

「基礎体温が意味するものは?」

そろそろ子供がほしいと思っている方なら、基礎体温という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、この基礎体温というのは何を意味しているのでしょう。

女性は基本的に、生理が来ると基礎体温は下がり、排卵をすると基礎体温が上がるというサイクルを繰り返しています。

 

ですので、基礎体温をしっかり把握することによって、ちゃんと排卵が起こっているかを確認することができます。

生理が来ているからといって、排卵もしているとは限りません。

 

無排卵月経という状態なら、排卵していないにも関わらず、生理はちゃんと来るので、基礎体温をつけていないと気づきにくいです。

また、排卵期になると「そろそろ体温が上がれば排卵期だな」と予想をすることができるので、自分で排卵期をつかむことができ、タイミング法をとることができます。

 

「基礎体温のつけ方」

基礎体温を測る時は、普通の体温計では正確に測ることができません。

ドラッグストアなどに、基礎体温用の体温計が売っていますので、持っていない人は購入しておきましょう。

 

たくさんの種類があり、中には何回分かの記録を体温計に残すことができるものもあります。

基礎体温は毎日測るものなので、何日分かを一気にメモしたいという方や、何度だったか忘れやすいという方にはオススメです。

基礎体温は、毎朝起きたらすぐに測らなければなりません。

そのため、起きた時に手が届くよう、布団の横に体温計を置いておいた方が良いです。

 

遠くにおいていると、その動作によって体温が変わってしまう恐れがあります。

測っている間はじっとしておきます。

できれば毎日同じ時間帯で同じ睡眠時間をとった後が望ましいですが、生活リズムによって難しい人は寝起きにすぐ測るということだけ意識しましょう。

 

「基礎体温を測ったら」

基礎体温の結果は、必ず記録として残しておきます。

アプリで記録しておくのも良いですし、紙媒体でもどちらでも構いません。

ただ、病院によっては紙媒体でないと見てくれないところもあるので注意してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です