妊活における男性の立場と不妊原因

男女

 

男女

 

「妊活における男性の立場」

妊活をすることになると、どうしても通院をしたり治療をするメインとなるのは女性となってしまいます。

しかし、妊活は夫婦で協力することがとても大切です。

では、パートナーである男性の理解や協力を得るためには、どのようなことをしたら効果的なのかを挙げていきたいと思います。

 

「男性にも妊活のことを知ってもらう」

パートナーの男性は、女性に比べて生理のしくみや妊娠の流れなどを知らない人が多いです。

また、妊活をしたいと女性が言っていると「君に任せるよ」「がんばってね」といった受け身になるパターンもあります。

 

よく分からないけど、女性がしたいと言うなら反対しないよという姿勢だと、妊活を続けていく精神的・体力的負担を女性ばかりが感じてしまうようになります。

それを防ぐにも、まずは男性に妊活について知ってもらうことができます。

 

焦りすぎだろう、いつか自然にできるだろうと考えている人には、年齢によって自然妊娠率が下がることなどを知ってもらいましょう。

夫婦で不妊治療の病院のセミナーに参加するのも効果的です。

 

「男性側に不妊原因がある場合も」

不妊と言えば女性に問題があるのではと考える男性もいますが、そうとは限らないことを頭に入れておきましょう。

 

精子に異常があったり、そもそも無精子の場合は検査をしてみなければ分かりません。

精液検査を受ける必要があるのですが、これに難色を示す男性が多いです。

 

プライドが傷ついてしまったり、何となく恥ずかしい気がしたりと、検査自体を引き受けてくれない場合もあります。

どうしても受けてくれない場合は、女性のみで行なえるフーナーテストというものをすることができます。

 

性行為をしたあと、体内に精子があるかどうかを調べる検査なので、無精子かどうかはここで判断することができます。

ただ、やはり正確に精子の状態を知るには、男性に精液検査を受けてもらうことが一番です。

育児だけでなく、妊活も男性の協力が必要ということを、パートナーの方にも理解してもらいましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です